「ハンバーガーばっかり食べてちゃダメでしょ!」「ごめんなさい」

TomoMachi2004-08-18

てなわけでマイケル・ムーアに三度目のインタビュー。
今回はミシガン州のフリント(ムーアのホームタウン)から車で三時間ほど離れたトラヴァース・シティという湖畔の町で、彼が家族と一年ぶりの休暇を取っているところを日本のマスコミが」急襲したのだ。
ムーアは「ひさしぶりの休みなのに、取材なんか受けて、オレ、奥ちゃんに離婚されちゃうよ。離婚されたらどうしよう」と、恐妻家ぶりを見せていた。


インタビューの内容はもうすぐeiga.comに書きますので、なんでオイラがムーアに頭を下げられているのか、その理由はそれまでお楽しみに。


取材にはTBSの金平さんも来ていて、ロックの話をしまくった。
金平さんはソ連崩壊を現地から伝えたことで有名だが、実はゴリゴリのロックとアングラ好きで、
特にJAGATARAが大好きだったりする奇特な人だ。


いちばんおかしかったのは日刊スポーツの美人特派員として有名な千歳さんをムーアがやたら気に入ってしまって、
「可愛いねえ」
「ねえ、彼女、可愛いと思わない?」と小声で何度もこっちに聞いてくるので、
「そんなこと言ってると離婚されちゃうよ!」と釘を刺したら、
「いやいや、そんな意味じゃないよ! 
……監督として映画に撮りたいな、みたいな…」と焦りまくったので「華氏911」のプロデューサー(ムーアの高校の同級生)も爆笑してた。


ムーアの映画に色気がないのは奥さんが恐いからなんだね。