映画ムダ話、今度こそ『回転』


町山智浩の映画ムダ話」、今度こそジャック・クレイトン監督のホラー映画『回転』(原作ヘンリー・ジェイムズ)の解説します。
https://tomomachi.stores.jp/items/56ff70e66c96e69036005035
ツタヤでDVDあります。
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00008C3CQ

原作『ねじの回転』は解釈をめぐって議論になる物語で、ヒットラー総統も臣下と論争しています。

ヒロイン(デボラ・カー)は両親を亡くした兄妹の住み込み家庭教師に雇われるが、その屋敷には幽霊がいた。それは前任の家庭教師と下男で、愛欲の果てに死んだ二人は幼い兄妹はとりつかれていた……。

ヘンリー・ジェイムズの小説『ねじの回転』の映画化。
幽霊は本当にいたのか、ヒロインの妄想か?
脚色のトルーマン・カポーティは何をしたのか?
ヒロインのキスの意味は?
「光る眼」との関係は?
数ある他の『ねじの回転』の映像化と徹底比較!
ケイト・ブッシュの歌「インファント・キッス」はこの映画についての歌です。