映画ムダ話で北野武監督『TAKESHIS’』を解説


音声ファイル「町山智浩の映画ムダ話」、今回は、北野武監督『TAKESHIS'』(2005年)について。
https://tomomachi.stores.jp/items/5646c6ea3bcba9efba0051d0

コンビニで働きながら俳優を目指す初老の男キタノは、自分と瓜二つのスーパースター、ビートたけしになった夢を見る。二つの人生は互いに交錯し……。
『監督ばんざい』『アキレスと亀』へと続く映画作家北野武の葛藤三部作の始まりで、非常に重要で、誠実で、大好きな作品です。
三国一の幸せ者たけしはなぜ自分を殺そうとするのか?
行く先々に登場し、たけしの邪魔をし、金をせびる岸本加代子の正体は?
『81/2』『マルホランド・ドライブ』『複製された男』『インセプション』などの映画を横断しながら語ります。
映画は観客のために作られているとは限らない。作者が何よりも自分自身のために作った映画だってあるのだ。
約60分。200円